受験

今日学校で旧帝一工志望を集めた集会があった。

結論から言うが体育教師の話を除いてあまり良かったとは思えなかった。

今回、全部で3人の教師が話をした。

1人目は、自分が高校時代に勉強せずにだらけていたが故に良いところへ行けなかったのを今でも後悔してる、と。

それを教訓に頑張って欲しい、そう聞こえたが、どうも自分の体験と重ねすぎるが故に勉強は孤独に頑張れだとか、同じ高校の生徒と頑張り合うなとか、高校の雰囲気を悪くしかねない発言も幾つかあった。

更に、センター終えた後に燃え尽きる人が多いと言った。それは単に9月からセンター対策やるあまり2次の重要性を見失わせてそれで燃え尽きてしまう人を出してるのではないのか?そう考えた。

それに話の途中、生徒のやる気がなどと生徒に問題があるとばかり語ったが生徒に過度な期待を持ちすぎるあまり授業が怠慢になってるのが多い事実を見逃してる(目を背けてる)のではないかと思った。

 

2人目は特に酷かった。

何故なら既に数回聞いたことを繰り返すしどの科目の授業も真剣に聞け。そうじゃないと狭い考えになってしまうとか。

まあ広い考えを持つために授業受けろってのは分からなくもない。あくまで受け身の授業や教師の自己満な授業で無ければな。

結局は良いこと言ってるようでただ1時間ずっと考えさせもせず教師が淡々と話す授業の言い訳にしか聞こえない。僕の高校そういうの多いし。

3人目は先ほど挙げた体育教師だ。

その方は丁寧にプリントを用意してそれを元に話を進めた。

よく、「体育教師は脳筋が多い」と揶揄されがちであるが(確かにそういう人がいるが)それでも僕はどちらかと言えば、普通の教師よりもスポーツを通じて深く考えられる教師が多い、そう思う。

その先生もスポーツで戦略を立てるかの如く受験=勝負を勝ち抜くための戦略として話していた。

さらに進学校での経験があったためか、「大変だと思ってもやり続けろ。ある時急にわかって楽しくなる時が来るから。」と。

僕の高校、長時間勉強しろと言う先生は多いのにこういう風に言う先生はほとんど居ないのでいい話が聞けた。

 

今回は学校で開かれた集会について感じたことを述べてみました。

 

それでは。