恩師

今日、学祭が早く終わったので僕の卒業した中学で行われた中体連に行ってみた。

「ああ、中学はあんな感じだったっけな…」と過去を思い出しながら後輩達の試合を見てた。

僕の居た時、いや、もっと前から全国に出場するような部活だったのもあってか後輩達も強かった。

そして試合を見終えその後中学時代の顧問、自分の中で恩師と思える方に挨拶をした。

話してみたらあの頃と変わらない。そして自分はある相談をした。そしたらとてもいい方向に進みそうな案を出してくれた。中体連終わりで忙しいのに申し訳ないと思う一方で恩師の凄さを再び感じた。

気持ちも晴れていい気分となった今やることはただ一つ。

 

受験に向けてひたすらに行きたい方向に走る

 

受験が終わり合否が分かり次第恩師の所へ行くと約束した。

自分のため、家族のため、恩師のため……。

自分は全力を尽くす。

広告を非表示にする